カルロス・ゴーン前会長、逃亡先の新生活は
Photo:Reuters

 レバノンの首都ベイルートに夕闇が迫る頃、カルロス・ゴーン氏は自宅近くのレストランの奥まった隅で、薄明かりの中で席についた。ゴーン氏は、近づいてきたウエーターにアラビア語でエスプレッソを注文した。

 ボディーガードは周囲を見回した後、姿を消した。レバノン人ビジネスマンのグループが何組か、近くで静かに会話をしている。彼らはかつて自動車業界の大物だったゴーン氏の存在をほとんど気にかけていないようだ。ゴーン氏は昨年末に軟禁状態に置かれていた日本の自宅から脱出。大きな黒い箱に隠れてプライベートジェットに運び込まれ、国外逃亡したことで、世界中の大ニュースとなった。

 エスプレッソのカップを口に運びながらゴーン氏は、レバノンでの新生活は規制の下に置かれていると語った。彼が育った国・レバノンを出国すれば、逮捕の危険を覚悟しなければならない。そして現在は銀行危機に見舞われているレバノンでは、現金へのアクセスも制限されている。街頭で抗議活動が行われている時には、市内を動き回ることさえ難しい場合もある。

 さらには日産自動車や日本の当局者に尾行される可能性にも、常に注意しなければならない。

 「自分の身は自分で守る必要があると言われた。私の自宅の前のビルにも、賃貸契約のため日本人がやって来た。彼らの目的は分からない。多くの日本人がやって来て、写真を撮ったり、監視をしたりしていると聞かされている」とゴーン氏は語る。

 世界中をプライベートジェットで飛び回る生活は終わったことを、ゴーン氏は悟っている。現在の彼の主な関心事は、ルノー・日産連合のトップとして犯したとされる犯罪について、反論を展開することだ。彼は会社資金の流用や所得隠しの罪を犯したとされている。ゴーン氏は「これは私の信用回復のための戦いであり、私の遺産、私の権利のための戦いだ。これほど意欲を持って取り組んだことは、かつてなかった」と述べた。

 日本からの脱出劇について謝罪したいことはあるかと問われたゴーン氏は、目を細め、「謝罪だって? 何のため、誰に対してだ。日産か、それともルノーか」と応じた。