韓流を求めて日本人女子が殺到
韓流を求めて日本人女子が殺到する街でもあるが、それは新大久保の一面にすぎない Photo by Hirokazu Murohashi

居住者の半数が
多国籍の外国人

 新宿・新大久保。

 色とりどりのカラフルな内装のオフィスで働いているのは、その多くが外国人だ。中国、韓国、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、ネパール……社員の実に70%以上、170人ほどが外国人なのである。

 窓口を訪れるお客もやはり外国人だ。住居やアルバイト探し、携帯電話の契約といった相談にやってくる。彼らに多言語で対応できるスタッフが対応していく。

 外国人専門の生活総合支援を行う会社、GTN(グローバルトラストネットワークス)は、多国籍化が進む街・新大久保を象徴するような会社かもしれない。

「来店するお客さまは中国、韓国のほか、ベトナムやネパール、フィリピン、ウズベキスタンなど何十という国からいらっしゃいます」と語るのは、同社の営業本部に勤める高見沢敏さん。

居住者の半数が多国籍の外国人
GTNのスタッフたち。ネパール、スペイン、ミャンマー、ベトナム、インドネシアと多彩だが、共通語は日本語だ Photo by H.M.

 日本人社員は「少数派」だが、「社内の共通語は日本語ですし、文化の違いもあまり気にならず、楽しく働けています」と言う。