いったん逆に張ってみよう

人の意見ばかり聞いて、誰でもできることに手を挙げてはいけない。そこでアピールする人は、99%の努力で解決するタイプの人だ。

そのタイプは、20代の若手なら戦略として正しい。
現場仕事が多くてインプットしている段階であれば、できることを増やしたほうがいい。

ただ、「そのうちどこかで上の立場になってやるぞ」というしたたかさを持っておくようにしよう。そうじゃないと、努力で解決するタイプは年齢が上がると厳しくなってくる。
いろいろなことが満遍なく無難にこなせる人は、たくさんの仕事を依頼され、仕事量が増える。
そして、いつかあなたの代わりが出てくる

発信者になれるかどうかのポイントが、1つある。
逆張りで考えられるかどうか」だ。
ふつう、常識的で紋切り型な考えばかりしてしまう。

人と同じ意見は存在価値ゼロ

たとえば、就職活動の場合を考えてみよう。
資格を取ってアピールしたければ、「簿記や英検くらいは取っておこう」と考えてしまうし、出版社の面接を受けるときは、「紙の手触りは素晴らしいですね」と答えてしまう。

こういう人は、紋切り型な思考だ。
逆張りで考える人は違う。

「男ですが秘書検定1級を持っています」
「紙の時代は終わったと思います」

こういうことを言えるのが、逆張り思考の人だ。
世の中は、本当にみんな同じことしか言わない。そんな中で、ちょっと違う視点からモノが言えれば、一気に抜きんでることができる。

もちろん、常に斜に構える必要はないのだが、一度、頭の中だけで逆張りで考えてみるのをクセにしておいたほうがいい。
できれば、「逆にこういうのはどうですかね」と、前置きした上で、口に出してみる。発言をしてみる。
その「1%の努力」の積み重ねで、自分だけのポジションを確立していけるはずだ。