Photo by Adobe Stock

新型コロナウィルスの影響で、世の中が大きく変わりつつある。リモートワークが急速に一般化し、ビジネスパーソンはこれまでとは違った新たな働き方に柔軟に対応していく必要がある。他方、子どもたちにとっても、これからはオンライン授業が広がるなど学習スタイルが変化し、社会に出るまでに習得すべき能力も、親の時代とはかけ離れて変化していくことが考えられる。そんな変化の激しい現代において、「親として子どもに何をしてあげられるか」と悩んでいる人は多いのではないだろうか。
そこで、これまで教育を軸に取材を重ねてきた著者が、教育学、生理学、心理学、脳科学等、さまざまな切り口の資料や取材を元に「いま、最も子どものためになる」ことを『子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり』(加藤紀子著)にまとめた。
100の「してあげたいこと」を実践するにあたっては、さらに詳細な「421の具体策」も提示し、理屈だけでなく、実際に何をどうしてあげればいいのかということまで丁寧に落とし込んでいる。
「コミュニケーションの取り方」から「家での勉強のしかた」「遊び」「習い事」「ほめ方・叱り方」「読書」「英語」「スマホ対策」「ゲーム対策」「食事」「睡眠」まで、子育てのあらゆるテーマをカバーし、2020年現在において、最も便利で役に立つ子育て本を目指した、新時代の「子育ての教科書」というべき1冊だ。本稿では、特別に本書から一部を抜粋して紹介する。

「本当に子どものためになること」って?

 私はこれまで、一男一女の子育てのかたわら、「プレジデントFamily」や「ReseMom」「ダイヤモンド・オンライン」など数々のメディアで、教育に関する記事を書いたり、企画や構成に携わったりしてきました。

 さまざまな分野で卓越したお子さんたちとそのご家族、学校・塾・習い事の先生や生徒さんたち、あるいは研究の最前線に立つ大学の先生方などにも取材をし、話を聞いたり実際に現場を見せていただいたりしながら、最新の情報をお伝えしてきました。

 そんな私を含めて、いま教育に関わりのある人たちが共通して感じていることがあります。それは、「現代の親は、多すぎる『子育て情報』におぼれている」ということです。

 ネット上には個人の体験に基づいた成功例やアドバイスが大量に発信されていますし、雑誌や本、教育系のメディアも、「〇〇家の秘訣」「××ママの知恵」といったキャッチーな見出しであふれています。

 昔ならせいぜい祖父母や親戚、ご近所さんくらいから得ていた情報が、いまや全国どころか世界中からも集められてくるわけですから、情報におぼれてしまうのもしかたありません。

変化の時代に対応した、新しい「子育ての教科書」

 また、この春から新たに実施される小学校の新学習指導要領には、「創造力」や「表現力」「主体性」といった「非認知能力」(テストでは測れない能力)とも呼ばれる要素が組み込まれています。

 いまの子どもたちが生きる未来には、「与えられた課題の正解を求める力」よりも、「自分で問いを立て、解決策を仲間と協力しながら考え、生み出す力」が求められており、非認知能力はそのベースとなる力として重要視されています。

 この流れをくみ、学校や習い事をはじめとした学びのスタイルも多様化しつつあります。

 本書の内容は、そんな時代の流れに対応して、「これからの世界に必要な力」を身につけることを重視して組み立てています。