日本銀行
Photo:PIXTA

コロナショックに買い入れ枠倍増
3月末の保有総額約31兆円

 コロナショックによる世界同時株安への対応策として日本銀行はETF(上場投資信託)の年間の買い入れ上限を「12兆円」に引き上げたが、2020年3月31日現在で、買い入れによる保有ETFの総額は31兆1738億円(時価)になっていることが、ニッセイ基礎研究所の試算でわかった。

 同時に試算したETF購入を通じて日銀が「大株主」になっている企業のランキングでは、発行株式の23.4%を持つアドバンテストを筆頭に、「ユニクロ」のファーストリテイリング(保有シェア19.6%)、TDK(19.0%)などが上位になり、10%以上の株式を保有する企業の数は56社に上る(ランキング11〜300位は4ページ目以降を参照)。

【ランキング作成方法】
順位は小数第3位以下を加味している。HDはホールディングス、FGはフィナンシャルグループまたはフィナンシャル・グループの略。ランキングの個別銘柄の保有シェアは、日銀が保有するTOPIX連動型や日経平均連動型などのETFの構成割合に応じて、それぞれに組み込まれている個別銘柄の「間接保有額(時価)」を出し、各銘柄の発行株式総額(時価)で割って算出した。

 試算をまとめた井出真吾・チーフ株式ストラテジストによると、3月末現在での保有株の簿価は30兆8801億円で、含み益は2937億円。保有株に含み損が発生する損益分岐点は、日経平均株価1万8739円と試算する。