社会人になっても学ぶ人が多い都道府県ランキング
資格取得・スキルアップのために学習している人が多い都道府県は? Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を推奨する企業が増えている。社会不安も高まる中で、改めて自分のキャリアを見つめ直し、浮いた通勤時間でスキルアップのために学習を始めた人も少なくないだろう。

 また、こうした事態になる前から、社会人として働くようになってからも学び直す機会を得る「リカレント教育」の重要性が叫ばれてきた背景もある。人生100年時代といわれる中、新たな学びを得ることは、自分自身のキャリアにも大いに生きてくるだろう。

 では、実際どのくらいの人たちが、スキルアップのための学習に励んでいるのだろうか。

 一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国の男女14万人(男女各7万人、20~69歳)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2019』を実施。その中で、「資格取得・スキルアップのための学習」に関する詳細な調査を行っている。

 社会人になっても学んでいる人は、どの都道府県に多いのか。今回は、男性と女性のどちらも対象にした調査から明らかになった「資格取得・スキルアップのために学習している都道府県ランキング」を紹介していこう。

※集計期間は2019年3月6日~18日。調査機関は株式会社メディプラス研究所。サンプル数は20~69歳の男女各7万人で、各県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正した。また今回は「資格取得・スキルアップのために学習している人」の割合を都道府県ごとに集計し、ランキングを作成した。

「資格取得・スキルアップのために学習している都道府県」ランキング
1位は男性が大分県、女性は沖縄県に

「資格取得・スキルアップのために学習している都道府県ランキング【男性版】」1位は大分県になった。2位は京都府、3位は宮崎県だった。ベスト5のうち4府県が西日本からのランクインとなった。

 一方、「資格取得・スキルアップのために学習している都道府県ランキング【女性版】」1位は沖縄県となった。2位は佐賀県、3位には奈良県が続いた。沖縄県は男性のランキングでは32位と、男女で結果が大きく分かれる形となった。東京都、京都府、石川県は男女ともに上位にランクインした。