18日のニューヨーク株式相場は大幅続伸。新型コロナウイルス向けのワクチン開発への期待に後押しされ、900ドルを超える上げとなった。先週の約2カ月ぶりの大幅な下げから持ち直した。  ダウ工業株30種平均の終値は前週末比911.95ドル(3.85%)高の2万4597.37ドル。S&P500種指数は90.21ポイント(3.15%)高の2953.91、ナスダック総合指数は220.27ポイント(2.44%)高の9234.83で取引を終えた。