新型コロナウイルスの感染拡大を機に、皮膚の温度が上昇した人を識別する赤外線カメラに注文が殺到している。こうした機器のメーカーはサプライチェーンを増強し、さまざまな企業の要請に応えるべく製品ラインアップを見直している。  需要の第1波が起きたのは主に工場や医療関係の会社からだったとメーカーは話す。それ以降、企業や政府がエンターテインメントや運動競技、運輸、教育などもコロナの影響が大きいと考え始めたことで需要が急拡大した。  これまで皮膚をチェックして体温を推測するスキャナーは、赤外線市場のごく一部を占めていた。