人工知能(AI)向けに設計された新世代のコンピューターチップが、AIの新たな可能性を解放するかもしれない。  半導体市場調査会社VLSIリサーチのダン・ハッチソン最高経営責任者(CEO)によると、AI向けチップの一部は人間の脳の機能を模した「ニューラルネットワーク」という新しいモデルをベースにしており、利用可能なデータの関連性やパターンを基におおよその答えを導き出す。  これは画期的だとハッチソン氏は指摘する。精度の高い答えを論理的に導き出すよう設計されているという。