日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の代表取締役國分利治さんと、同社取締役で10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談をお届けします。
対談第1回目は、「うまくいく人」と「うまくいかない人」の違いについて、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、花輪恵)
(こちらは、2019年9月に行われた対談をまとめたものです)

口で説明するのではなく、背中を見せる

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

―― ナンバー2の流儀として、山下さんがこだわっていることや、意識されていることを教えていただけますか?

山下:野球にたとえると、社長は監督で、ナンバー2は「キャプテン」に当たります。僕は、監督よりもキャプテンとして輝きたい。監督と選手の間の架け橋となったり、全選手、つまり全社員の見本となるような実力を積み重ねていきたいですね。

僕の下にも、後輩スタッフがたくさんいます。彼らに指示を出すとき、「口頭」で伝えられるのは、せいぜい10人まで。それ以上になると、口でいくら言っても伝わらない。ですから、「見た目」で伝える。あるいは「背中を見せる」ように心がけています。

僕は、「自分が國分の立場だったら、ナンバー2の山下に何をしてもらいたいか」「自分が監督だったら、キャプテンに何を望むのか」を踏まえ、國分の立場になって物事を考えるようにしています。

普段、僕が國分の前でどのように振舞っているのか。普段、会社のためにどのような態度と行動をとっているのかを見せることが僕の役割です。

―― 見た目や背中で引っ張っていくわけですね?

山下:はい。見た目の影響力は強いですね。店舗がひとつしかなければ、僕が毎日朝礼に出て、口頭で伝えればいい。ですが店舗数が多くなれば、顔を出せるのは、せいぜい週に1回です。そうなってくると、「何を話すか」よりも「姿勢」を見せるほうが、スタッフに対する影響力や説得力は強いと感じています。