大江戸線が当初の計画で
新宿駅を通らなかったワケ

 オイルショックで影響を受ける中、昭和49年に免許を取得していた頃と比べ、いくつかの区間でルート変更が行われている。

 これによって、西新宿五丁目駅、都庁前駅、新宿駅、新宿西口駅、六本木駅、汐留駅、築地市場駅、飯田橋駅などの駅が誕生することになった。免許を取得した当時は、一極集中を避ける考え方があり、他路線との接続駅も少なく計画されていた。

 しかし、これでは利用者には不便であり、計画見直しの際には、他路線との接続駅を増やし、利便性を図った。

 京王電鉄との接続駅となる新線新宿駅は、計画変更前に建設工事が進められ、初台駅方向の改札口より都庁方向への連絡通路が、都庁移転前より建設されていた。

 この地下通路は12号線の最初のルートで予定されていた西新宿駅が開業した際に、連絡通路として使用する目的で建設されたが、大江戸線が新宿駅経由となったことから、都庁方面出口として転用したものであり、ルート変更による名残りの通路となっている。

 12号線の当初の計画経路は、新宿駅は通らず、現在の東京メトロ・丸ノ内線西新宿駅に近い位置であった。環状部と放射部の接続駅として、現在の都庁前駅とは近隣ながら、別の場所に駅が計画されていた。

 新宿駅という一大ターミナルに接続しなかった理由のひとつは、先にも話した一極集中を避ける方策が、当時の運輸省によりとられた結果である。近くを走りながら主要となるターミナルを避けるのは、現在では考え難いことだ。

 名目上は運輸省からの指導だが、実は新宿駅には早い時期より上越新幹線が地下部に乗り入れる計画がされていて、地下空間に用地を確保していたのである。