参院経済産業委員会に臨む自民党の河井案里氏(撮影:6月9日、国会内)
参院経済産業委員会に臨む自民党の河井案里氏(撮影:6月9日、国会内) Photo:JIJI

自民党の河井案里参院議員(広島選挙区)が当選した昨年7月の参院選でウグイス嬢に法定上限を超える報酬を支払ったとして、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた案里氏の公設秘書立道浩被告(54)の判決公判が16日、広島地裁で開かれ、冨田敦史裁判長は懲役1年6カ月、執行猶予5年を言い渡した。公判を巡っては連座制が取り沙汰されているが、事件の関心は既に、自民党本部から振り込まれた選挙資金を有権者にばらまいたとされる、案里氏と夫で前法相の克行衆院議員(広島3区)の立件Xデーに移っている。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

執行猶予でも連座で議員は失職

 判決によると、立道被告は昨年7月19日~23日ごろ、案里氏の選挙事務所などで計14回、ウグイス嬢14人に日当1万5000円の法定上限を超える報酬計204万円を支払った。

 検察側は9日の第4回(論告求刑)公判で「遊説責任者として自分の裁量で支払い方法を決め、会計責任者に指示して違法な報酬を支払った」と指摘。

 さらに「隠蔽(いんぺい)工作のため会計責任者に領収書を2枚作らせるなど、犯行は悪質。選挙の公正を著しく害した」として懲役1年6カ月を求刑していた。