勾留質問のため京都地裁に入る青葉真司容疑者を乗せた車(5月27日午後、京都市中京区) 
勾留質問のため京都地裁に入る青葉真司容疑者を乗せた車(5月27日午後、京都市中京区) Photo:JIJI

アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオ(京都市伏見区、現在は解体)で昨年7月、36人が死亡、33人が負傷した放火殺人事件で、京都府警捜査本部は27日、殺人や殺人未遂、現住建造物等放火などの疑いで、さいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(42)を逮捕した。事件発生から約10カ月が経過し、事件は大きな転機を迎えた。犯罪史上、例を見ない大量殺人事件の捜査は今後、動機の解明が焦点になる。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

新型コロナで逮捕が延び延びに

 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに侵入して1階にガソリンをまいて放火。社員36人を殺害し、34人を殺害しようとした疑い。

 当時、スタジオには70人がいた。一命を取り留めた社員も33人が重軽傷を負い、現在も1人が入院し治療を受けている。

 青葉容疑者は自力で起き上がれない状態で、病院から捜査本部がある京都府警伏見署にはストレッチャーに乗せられて搬送された。

 身体の約9割にやけどを負っていたとされ、顔や腕などにやけどの痕が生々しく残っている映像がテレビで繰り返し流された。指先は完全に変形していた。