賭博麻雀
写真はイメージです Photo:PIXTA

検察庁法改正案を巡る最中、黒川弘務前東京高検検事長と産経新聞・朝日新聞の記者らと賭け麻雀とハイヤー送迎問題が週刊文春のスクープにより表沙汰になった。新型コロナウイルス感染拡大が問題化している中で「3蜜」の麻雀は、世間の顰蹙(ひんしゅく)を買った。では、権力者側とマスコミの麻雀というのは驚くことなのか。元・接待した側のマスコミ当事者だった筆者が振り返る。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

どう見ても無駄な残業

 文春によると、麻雀には産経新聞社の記者2人と朝日新聞社の元記者の社員が参加。黒川氏は5月1日から2日未明にかけ、産経新聞社の記者の自宅で約6時間半にわたり滞在し、記者の用意したハイヤーに乗って帰宅した。東京都では緊急事態宣言を受け、都が外出自粛を呼びかけていた。

 告白すると、筆者も取材先と接待麻雀をしたり、送迎のためにハイヤーを用意して自宅まで送ったりしていた。

 そう、筆者は全国紙社会部記者時代、文春がスクープしたような「当局とマスコミのズブズブの関係」を送っていたのだ。

 筆者は「事件ジャーナリスト」を名乗っている通り、社会部にしかいたことがないので、その社会部での経験と、お世話になったハイヤーの運転手さんに聞いた話で「実態」をお知らせしたい。