【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領は22日、就労ビザ(査証)の一部について発給を停止する大統領令に署名した。高度な専門技能を持つ外国人向けの「H-1B」ビザも対象。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、就労ビザで入国する新たな移民を制限する狙いがある。  停止期間は6月24日から12月31日まで。これにより、IT(情報技術)人材からリゾート地の季節労働者まで、数十万人の新たな移民が影響を受けることになる。    米国では感染対策としてロックダウン(封鎖措置)が実施されたことで経済が失速し、失業率は急上昇した。