フェイスブックはその幅広い消費者への到達範囲とターゲットを絞り込む強力な能力により、多くの広告主にとって出稿必須のプラットフォームになっているように見えた。  調査会社イーマーケターによると、フェイスブックと傘下のインスタグラムは今年、米国のデジタル広告収入の23.4%を獲得する見込みだ。この比率はアルファベット傘下のグーグルに次ぐ2位で、3位のアマゾン・ドット・コムを大きく引き離している。  しかし、フェイスブックへの広告出稿を7月中、あるいはそれ以降も見合わせる企業が相次いでいる。