オーラルケア意識が高い都道府県ランキング
口の健康を意識している都道府県は? Photo:PIXTA

「8020運動」をご存じだろうか。

「80歳になっても20本以上自分の歯を残そう」という取り組みである。80歳を超えても自分の歯で食事ができるのは、幸せなことだ。

 そのためには日々のケアを意識的に行う習慣が必要不可欠だ。では、実際どのくらいの人が「オーラルケア」を意識的に行っているのだろうか。

 一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国の男女14万人(男女各7万人、20~69歳)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2018』を実施。その中で、「オーラルケア意識」に関する詳細な調査を行っている。

 今回は、調査から明らかになった「オーラルケア意識が高い都道府県ランキング」を紹介していこう。

※集計期間は2018年3月7日~17日。調査機関は株式会社メディプラス研究所。サンプル数は男女各7万人で、各都道府県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正した。今回のデータで使用した「オーラルケア意識」については、「8020運動などの口の健康」に関して「知らない」「普段全く意識していない」「普段あまり意識していない」「普段からやや意識している」「普段から意識している」の5段階で回答を集計。「普段からやや意識している」「普段から意識している」と回答した人を「オーラルケア意識あり」として、回答者全体に対する割合を算出した。

「オーラルケア意識が高い都道府県ランキング」
1位は男性が島根県、女性は沖縄県に

「オーラルケア意識が高い都道府県ランキング【男性版】」1位は島根県になった。2位は長崎県、3位は長野県だった。

 一方、「オーラルケア意識が高い都道府県ランキング【女性版】」1位は沖縄県だった。2位島根県、3位山梨県と続いた。

 島根県、長崎県、佐賀県、沖縄県の4県は、男女ともトップ10に入っている。特に島根県は、男性版で1位、女性版でも2位と、オーラルケアに対する意識がとても高い県だといえる。