米ハイテク企業やその経営幹部などのツイッターアカウントが15日にハッキングされたもようだ。マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)、電気自動車(EV)メーカーのテスラのイーロン・マスクCEOのほか、アップルやウーバー・テクノロジーズなど、多くのフォロワーを抱えるユーザーのアカウントが標的にされた。  これらのアカウントには、ユーザーの暗号資産(仮想通貨)アカウントへの送金を求める似たような内容のメッセージが掲載された。こうしたメッセージには、削除されるまで多くの「いいね」が付けられた。