「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」といわれている今、経営者にとって経営環境の過酷さは増すばかり。そんな中、衝撃の一報が入った。
「これまで一切封印してきたが、今回初めて、プレミアム合宿を公開することにした」
電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…
「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、当社も指導企業もとことん社員が明るい。今は、夢と希望しかない」
そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の最新刊『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がいよいよ発売。日経新聞にも掲載された。
聞けばこのプレミアム合宿。箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?
しかし、「12名限定」でキャンセル待ちが続いているという。しかも、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。一体全体どういうことなのか?
今回は、経営のカリスマに「意外なマーケットを掘り起こす方法」を紹介してもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

私はなぜ
「ラブホテル」を制覇できたのか?

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

わが社はかつて、利益の出ていたドゥカフェ事業を売却しています。

この事業は、小型のコーヒーサーバーをレンタルするビジネスモデルです。

事業を立ち上げてから売却まで20年。

利益率は低かったもののコンスタントに利益を出していたので、まずまずの成功といえます(売却したのは経営資源を経営サポート事業に集中させるため)。

当初はオフィスコーヒーのマーケットを狙って営業したのですが、当社のコーヒーサーバーは「2人分」のコーヒーしか抽出できなかったので、オフィス需要は見込めませんでした。

2人用のコーヒーサーバーが生きる場所はどこか?

2人だけの空間はどこか?

思いついたのが「ラブホテル」です!

多くのラブホテルが備品を専業の卸会社から一括納入していることを突き止めた私は、ラブホテルに強い卸業者に頼み込んで一緒に営業をかけたところ、見事に的中!

当時、「ラブホテルにコーヒーを置く」マーケットでは、ある大手食品メーカーのインスタントコーヒーが圧倒的なシェアでした。

しかし、「コーヒーサーバーを置く」という私の提案が受け入れられ、インスタントコーヒーのシェアを奪えた(関東周辺のラブホテルでは大手食品メーカーのインスタントコーヒーを駆逐)。

ドゥカフェ事業が成功したのは、「ラブホテルにコーヒーを置く」という狭いマーケット(狭いテリトリ)で戦いを挑んだからです。