「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」といわれている今、経営者にとって経営環境の過酷さは増すばかり。そんな中、衝撃の一報が入った。
「これまで一切封印してきたが、今回初めて、プレミアム合宿を公開することにした」
電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…
「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、当社も指導企業もとことん社員が明るい。今は、夢と希望しかない」
そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の最新刊『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がいよいよ発売。日経新聞にも掲載された。
聞けばこのプレミアム合宿。箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?
しかし、「12名限定」でキャンセル待ちが続いているという。しかも、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。一体全体どういうことなのか?
今回は、経営のカリスマにこのコロナ禍を打破する秘訣を紹介してもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

リスクマネジメントの3大原理原則

――倒産時代の今、会社をつぶさないコツは何でしょうか。

小山:会社を倒産させないために大切なリスクマネジメントの3つの原理原則があります。

◎1 不測の事態こそ、事業構造を変えるチャンスである
◎2 経営は、現金に始まり、現金に終わる
◎3 会社は社長の決定で99%決まる

1.不測の事態こそ、
事業構造を変えるチャンスである

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

中小企業にとって、新型コロナウイルスは最大のピンチです。

でも、会社が飛躍する最大のチャンスでもある。

武蔵野には今、夢と希望しかありません。

不測の事態に陥ったとき、経営者はおおむね、2つのタイプに分かれます。

一方は、「企業努力だけではどうにもならない」と悲観的にとらえるタイプ。

もう一方は、私のように「今こそ会社を変えるチャンス」と前向きにとらえるタイプです。

プラスの事柄とマイナスの事柄があると、多くの人はマイナスの事柄に気持ちを奪われます。

しかし、私の思考はです。

プラスとマイナスがあったなら、マイナスは目をつぶって捨てる。

そして、「どうやったらできるか」とプラスに考える。

「さぁ困った、どうしよう......」と嘆いたところで、事態が好転することはありません。

私がピンチに見舞われてもうろたえないのは、現在の悩みや失敗や困難が、将来、大きな財産に変わることを知っているからです。

困難は、新たなしくみをつくる「大きなヒント」をくれます。

困難は、今までのやり方を捨てられるチャンスです。

新たなことにチャレンジできるチャンス、新たな価値を創造するチャンスなのです。

私たちに、新型コロナウイルスを駆逐することはできません。

けれど、アフターコロナを見据え、新しいアイデアを生み出すことはできます。

感染終息をただ待つのではなく、今から備えておくことが大切です。

自粛とは、何もしないことではありません。

従来どおりの業務を行うのが難しいなら、別のやり方を模索すればいい。

在宅でもできることは山ほどある。

当社は「緊急事態宣言」発令期間中に、新規事業と新規事業部を立ち上げました。

また、会社始まって以来の大規模な人事異動(正社員280人中126人が異動)も実施しています。

すべては、「未来に大輪の花を咲かせる」ための取り組みです。