「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」といわれている今、経営者にとって経営環境の過酷さは増すばかり。そんな中、衝撃の一報が入った。
「これまで一切封印してきたが、今回、プレミアム合宿を初めて公開することにした」
電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…
「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、当社も指導企業もとことん社員が明るい。今は、夢と希望しかない」
そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の最新刊『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がいよいよ本日発売。日経新聞にも掲載された。
聞けばこのプレミアム合宿。箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?
しかし、「12名限定」でキャンセル待ちが続いているという。しかも、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。一体全体どういうことなのか?
今回は、経営のカリスマに「中小企業は社長の決定が99%」という話をしてもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

国からの補助金は会社をダメにする

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

今回は「中小企業は社長の決定が99%」という話をしましょう。

2011年に東日本大震災が起きたとき、私が経営指導するサポート会員の中には、被災した社長もいました。

震災直後、被災地の社長に手を差し伸べようと、私は「会員から義援金を募ろう」と考えました。

実際、50社以上から義援金の申込があった。

しかし私は思い直し、預かったお金を返すことにした。

なぜ返したのか。

「被災した社長に義援金を配ると、その会社が絶対にダメになる

と気づいたからです。

繊維産業はじめ、「糸へん」や「木へん」の産業が衰退していったのは、政府が補助金を出して保護したからです。

この事実は歴史が証明しています。

「新型コロナウイルス」関連の経営破綻は、もともと経営状態が厳しかった企業が多く、新型コロナウイルスが背中を押した格好です。

苦しい経営状況に新型コロナウイルスが追い打ちをかけたのであって、「新型コロナウイルスが拡大したから経営が悪化した」と結論づけるのは早計です。

自社の経営が思わしくないとき、大半の社長は、原因を外部環境に求めます。

でも、それは間違いです。なぜか。