「マウスを使わずにパソコンの操作をする」。最近、この「脱マウス」への関心が高まっている。新刊『脱マウス最速仕事術』を上梓した森新氏は、その背景には、マウスとキーボードの間を手が何度も行き来する「時間のムダ」と「作業ストレス」の改善へのニーズがあると言う。森氏は独自に研究を重ね「脱マウス」のメソッドを開発し、年間88万回ものクリック数を削減、「年間120時間のムダ」を解消した。セミナーの参加者からは、「誰でもマスターできる」と好評だ。本連載では、満足度97%超のメソッドを凝縮した『脱マウス最速仕事術』(ダイヤモンド社)の内容から、時短に大きく貢献する「脱マウス」の技術をどんどんお伝えしていく。

Photo: Adobe Stock

知る人ぞ知る重要キー

 キーのなかには、一般的にあまり使われていないものの、実は重要なキーがあります。ここでは、[Esc][無変換][変換]の3つのキーの働きを紹介します。

 ・[Esc]キー

 キーボードの左上にあるキーです。ちなみにキーボードの四隅には非常に重要なキーが配置されています。多くの場合、左上が[Esc]キー、右上が[Delete]キー、右下が矢印キー、左下は[Ctrl]または[Fn]キーになっています。

 さて、皆さんは重要キーの1つである[Esc]キーを適切に使えているでしょうか。セミナーを受講してくださった方を見る限りでは、[Esc]キーを使いこなしている人はとても少ないようです。

 [Esc]キーの働きの1つに、アプリによる設定画面やメッセージ画面などを閉じる機能があります。実際に行ってみましょう。

 エクセルを開いて、[Ctrl]+[H]キーを押してください。「検索と置換」の「置換」タブの画面が表示されるはずです。

 例えば、こんな画面を閉じたいときに、マウスに持ち替えて右上の[×]をクリックする人が少なくありませんが、[Esc]キーを押せば閉じられます。[Esc]キーで閉じる操作は、さまざまなアプリ、そしてウィンドウズで使えます。

 

 たとえば、ウィンドウズのロゴが描かれた[Windows]キーを押すと、スタートメニューが表示されます。これを閉じるのにも[Esc]キーが使えます。

 一方で、アプリ本体は[Esc]キーを押しても閉じません。ポップアップした画面だけを閉じる設計になっているので、間違って[Esc]キーを押してもアプリが終了する心配はありません。

 また、入力中の文字、変換中の文字を取り消したいときも[Esc]キーが役に立ちます。

「ショートカットキーMAP 全体まとめ」拡大画像表示