大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

とりあえず10万円から
株を始めてみよう!

株式投資は財務諸表の読み方を覚えたり、他人にすすめられた銘柄を買ったりして上達するわけではありません。

結局のところ、身銭を切って株式の売買経験を積み重ねてこそ上達するものです。

必要以上に事前勉強に励むのは、時間の無駄ともいえます。

そんな暇があったら、さっさと株式の売買を行い、実戦経験を積んだほうが得られる学びは、はるかに多いです。

経験を積みながら、その都度、必要な勉強をするほうが儲かるようになります。

私の著作は「10万円から始める!」と銘打っていますが、ぜひ10万円から実際に株式投資を始めていただきたいと思います。

そのうえで、この本の私の経験を役立てていただきたいのです。

初心者は、事前にどれだけ勉強していても、最初は多少損をします。

それは授業料だと割り切ったほうがいいです。

私を含めて現在成功している個人投資家も、おそらく最初は損をするところから始まり、それでもやめずに続けたからこそ、大きな資産を築けているのです。

「走りながら考え、走りながら学ぶ」というやり方で株式投資を続けながら、わからないところは知識を補い、売買で損をしたら反省点を洗い出して、次の売買に活かす。

このサイクルを繰り返していれば、遠からず損益はプラスに転じます。

投資は途中でやめるから負けるのです。勝つまで続けていれば負けません。