ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

“5”でiPhoneに翳りが見えた?
日本勢のラストチャンスはあるのか

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第33回】 2012年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 これまでのジョブズは、多くが「新しい端末やサービスの登場で、あなたの生活がこう変わる」というメッセージを意識したプレゼンだった。しかし今回のアップルの説明は「CPUがすごい、電池の保ちがいい、LTE対応で高速」というものである。

 こうした変化をして「ジョブズの不在を実感した」というセンチメンタルな気分になる向きも見られた。確かにそれも一面では事実であろう。あれほど完成度の高いプレゼンテーションを見ることはもうできないし、ヘタな芝居を打つくらいなら機能を強調した方が訴求するともいえる。

 ただ今回は、単純にそういうことでは、どうやらなさそうである。前述した通り、iPhone3GSやiPhone4あたりから使い続けた人にとっては、いますぐにでも乗り替えたくなる端末なのだが、iPhone4Sを持つ利用者からは「いまのところは待ちでいいかな」という声も、少なからず聞こえるのだ。

 まだ発売されてさえもいないので、実態がどうなるかはもちろん分からない。ただ、ここまでのユーザの声をあちこちで拾うと、誰しもがすぐ飛びつく代物では、どうもなさそうなのである。

 仮にそうだとすると、おそらくアップルもそのあたりを分かって、今回のプレゼンテーションを構成したのではないか、とも思えてくる。よく言えばiPhone5は従来の正常進化版であり、それをメッセージとして伝えるにはスペックを提示するのが一番。一方iPhoneが提示する世界観はもはや普遍のものとなったこともあり、メッセージとして伝えられることがなくなりつつあるのではないか、ということだ。

「いつか来た道」に進むiPhone

 端的に言えば、これはかつて日本のフィーチャーフォンが辿ってきた道である。当初は端末が開発されるたびにライフスタイルを次々に打ち出し、新しい端末を手に入れることが新しいライフスタイルを導入することに直結していた。それが頭打ちになると、同じ世界観のまま、機能競争に進んでいく。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧