潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎は、安倍晋三首相を2度にもわたって辞任に追い込んだ難病というイメージがあるが、治療によって症状が安定し、仕事や学業と両立できている患者は多い(写真はイメージです) Photo:PIXTA

潰瘍性大腸炎は、安倍晋三首相を2度にもわたって辞任に追い込んだ難病として全国的にも知名度の高い病気となった。潰瘍性大腸炎について、患者の現状や実際の治療法、注意点などについて、横浜市立大・肝胆膵消化器病学教室の中島淳主任教授に聞いた。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

完治はしないが
多くの場合は仕事・学業との両立が可能

 大腸の粘膜(最も内側の層)にただれや潰瘍ができる炎症性疾患「潰瘍性大腸炎」。

 安倍晋三首相の辞任を受け、改めて「不治の病」「かかったらおしまい」的なイメージを強めた人は多いだろう。安倍首相は中学生の時からこの難病に苦しめられてきたという。第1次安倍内閣発足後、2007年に突然の辞任を表明した当時は、下痢や血便、強烈な腹痛で1日20回以上もトイレに駆け込み、満足に眠れない夜が続いていたと思われる。

 今回もそうだったのだろうか。一国のトップを2度にも渡って辞任に追い込むとは、潰瘍性大腸炎、恐るべし。