スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる(設立15年目)。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心で、エリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち話題となっている。
星校長は言う。「本書で伝えたいのは、競争の激しいシリコンバレーで実践されてきた世界最先端科学に基づく生き抜く力です。スタンフォードの精鋭たちが結果を出すためにやっていること、本当の幸せのつかみ方、コミュニケーション力、天才児の教育法までエクササイズ付きで紹介したい。プータローから一念発起してスタンフォードにきて20年ほど、私が学術界の巨匠やビジネスリーダーから実感してきた生き抜く力(The Power to Survive)の源泉は、20年前に思い描いていた“ケンカ上等”でゴリゴリに勝ち上がっていくスタイルとは真逆のものでした。本書の内容はスタンフォード大学・オンラインハイスクールでも教えられてきました。将来的に世界のリーダーになる天才児たちが実際に受けている内容です。最新科学に基づくプレミアム・エクササイズもあります。最高の生存戦略=生き抜く力を一緒に手に入れましょう」
・スタンフォードやシリコンバレーの精鋭が「結果」を出すためにやっていることを知りたい
・仕事やプライベートの「人間関係」をよくするテクニックを学びたい
・世界最先端の科学で実証された「本当の幸せ」を手に入れたい
・できる人の「プレゼン」「話し方」「聞き方」をマスターしたい
・世界中の天才たちが集まるスタンフォードで結果を出し続ける「教育法」を知りたい
・今後生きていくうえで「不安」を解消する方法を身につけたい
そんなあなたのために、スタンフォードにいる著者を直撃した。

Photo: Adobe Stock

『種の起源』を書いたダーウィンの言葉

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

実は思いやりのある献身的な行動が、私たちの健康に「得である」ことは、最新研究結果を待たずとも、以前から予測されていました。

共感する力は自然淘汰で増していくものだろう。なぜならば、最も多くの個体が共感し合える共同体は、最も栄えるだろうし、最も多くの子孫を育てることができるからだ。

これは『種の起源』を書いたダーウィン(1809-1882)の言葉です。

相手の気持ちになって思いやりのある行動ができたら、進化論的にもその種の強みになり、自然淘汰を「生き抜く力」になるのです。

事実、自分の労力や危険を顧(かえり)みずに仲間を助ける利他的な行動は、人間に限ったものではありません。

天敵に気づいた猿が、自分の危険を顧みず、鳴き声で仲間に危険を知らせる。

ミツバチが巣を守るために、外敵のスズメバチを取り囲み、自分の命と引き換えに熱を発して殺す。

自然界に利他的な行動は無数に見られます。

しかし自然界の利他的行動は、進化論の根本に矛盾しているようにも見えます。

動物たちは弱肉強食のサバイバル戦争をしていて、相手を押しのけなければならない。

相手に譲ってしまったら、戦いに負け、子孫を残せない。よって、相手に利益を譲るような「能力」は、あっという間に自然淘汰されてしまう。

この「矛盾」のため、利他的行動に関するダーウィンの考え方は、同時代の人たちには受け入れられませんでした。

人間などの高等動物の利他的行為は文化的なもので、進化論や遺伝学などの枠組みでは説明できないと一蹴されたのです。

『利己的な遺伝子』の著者リチャード・ドーキンスの主張

しかし、20世紀後半に入り、多くの科学者が自然界の利他的な行動を進化論の枠組みで論証していきます。

たとえば、世界的なベストセラー『利己的な遺伝子』では、リチャード・ドーキンスが次のように主張しています。

利己的な遺伝子は、通常は、利己的な行動につながる。
しかし、これから見ていくように、特別な場合に、遺伝子が自らの利己的な目的を達成する最善策として、動物の個体レベルで限定的ではあるものの利他的行動を促すことがある。

ドーキンスは、「利他的」行動が、自分自身の増殖の原理に従う「利己的」な遺伝子によって可能になることを主張しました。

つまり、人を思いやる利他的な力は、進化論的な意味でも「生き抜く力」の基礎になっているのです。

これまで私たち人間の祖先が、長い進化の過程で自然淘汰に打ち克つ中で培(つちか)ってきた最高の生き抜く戦略なのです。