トランプ大統領
Photo:Joshua Roberts/gettyimages

オバマ前大統領が
先導したイラン核合意

 2018年5月、トランプ大統領がイラン核合意からの離脱を宣言したとき、アメリカ政府は世界中の批判を浴びた。だが、各社の論調を見る限り、その意味を正確に把握できていたメディアは少なかった。

 イラン核合意は2015年に、イランとアメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・中国の6カ国で結ばれた核開発に関する合意のことだ。イランがウラン濃縮用の遠心分離機を大幅に削減して、兵器使用が可能な高濃縮ウランやプルトニウムを15年間生産しないと決めた。その代償に、それまでイランに科されていた金融制裁や原油取引制限などが緩和された。

 イラン核合意でリーダーシップをとったのが、アメリカのオマバ前大統領である。オバマ氏は大統領に就任した2009年に、プラハにおける演説で示した「核なき世界」でノーベル平和賞を受賞しているが、それ以後、核廃絶について特に目立った行動は取っていなかった。その焦りから、2015年のイラン核合意と2016年の広島訪問でなんとかつじつまを合わせようとしたのではないか。

 イラン核合意によって、それまでアメリカを中心とした経済制裁でダメージを受けていたイラン経済は立ち直りを見せ始めた。ヨーロッパ諸国や日本などとの経済関係も復活して、海外投資も集まり始めた。