問われているのは、焦りや不安、期待がある状態であっても、「対等な関係で会えるまで、待つことができるか」です。憧れの人と長く付き合いたいなら、まずは自分の仕事を安定させることが最優先なのです。

まったく無名でも公式HPは必要不可欠!

 僕がフリーランスとして仕事が途切れない大きな理由に、公式HPを持っているということがあります(https://www.itougaichi.com/)。

「有名人じゃないし」「初期投資はなるべく小さくしたい」など、いろんなご意見はあるでしょうけれど、断言します。有名無名関係なく、公式HPはフリーランスに不可欠です。投資という意味で言えば、最低限の投資です。

 これがなければ、依頼者はあなたが仕事人として「何者か」を知ることができません。そして、あなたを訪ねる「玄関」がどこか、分からないのです。

「検索すればだいたい分かるだろう」と言う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。ネット上の記事やSNSだけでは信用性に乏しい。だから「公式HP」なのです。「公式」にすれば、間に第三者(HP業者)の目が入り記録が残る、と先方も分かります。嫌がらせの連絡は圧倒的に減りますし、お問い合わせフォームに来る仕事依頼も丁寧になります。

公式HPでは「経歴」は隠さない

 HPを作る際、ものすごく重要なことがあります。それは「仕事に関する経歴は隠さない」ことです。性別、年齢、出身地、学歴、学校歴(出身校)、出身企業、仕事の履歴など、一見デリケートな「個人情報」こそ、知りたいのです。それらを加味して、「客」である依頼者はあなたを選ぶわけです。