新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する米疾病対策センター(CDC)の勧告の作成過程にトランプ政権がこれまで知られていた以上に直接的に介入していたことが分かった。これが、米国の公衆衛生分野の最高組織であるCDC内部で信頼の危機が生じる一因となった。  ホワイトハウスが変更を求めた点は、CDCの公式メッセージの内容以外の分野にも及び、こうした要求の多くが実現した。