病気を遠ざける「免疫力」は腸で作られるため、腸内環境をよくする食品をとることが重要、というのは、81歳の免疫専門医である藤田紘一郎氏の弁。いわく、健康長寿のために勧める食品には、野菜、発酵食品、肉や魚の骨から出るだしなど。それらの食品をスープでとるメリットは、体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすいことです。
ウィズコロナの時代を生きるすべての人に手に取っていただきたい最新刊『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、著者自身も毎日飲んでいる究極のスープはじめ、おいしく続けるための73レシピを紹介している。
この連載では、自分で免疫力を高める食事の法則や、著者が勧める『長寿スープ』のレシピなどをお伝えしていきます。

腸内環境にいい食材が全部入った
藤田家ヘビロテ「長寿スープ

あまり難しく考えずに、冷蔵庫にある野菜や骨つき肉などを入れてことことと煮込んでみましょう。野菜と肉のうまみがじんわりと溶け出てくるので、味つけは塩、こしょうだけで充分おいしく食べられます。仕上げに酢を加えるとさっぱりとして食べやすくなるだけでなく、水溶性食物繊維と合わさって、効率的に腸を健康にしてくれます。

骨つき肉と野菜をゆっくりと煮込むだけ! シンプルな味つけでも極上の味わいに

材料(作りやすい分量)

鶏手羽先4本
キャベツ1/4個
にんじん1/2本
しいたけ2枚
ミニトマト6個
塩、こしょう、酢各少々

作り方

1 キャベツは大きめのひと口大に切る。にんじんは縦半分に切り、斜め薄切りに、しいたけは薄切りにする。
2 鍋に1と鶏手羽先を入れ、ひたひたの水を注いで煮立てる。
3 弱めの中火で20分ほど煮て、野菜がやわらかくなったら、塩、こしょうで調味し、酢をひと回しする。

調理時間30分

エネルギー 142kcal
たんぱく質 3.8g
糖質 11.6g
塩分 0.8g

本原稿は、藤田紘一郎著『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』の冒頭からの抜粋です。『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、腸内環境を整えて免疫力を高める「長寿スープ」のレシピがたっぷり収録されています。ウィルスが蔓延するこの秋冬、免疫力を高めて病気にならない体を手に入れてみませんか?(次回に続く)