大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

株式を購入する基準は
あえて固めていないワケ

私はサラリーマンをやりながら割安成長株を中長期で保有する兼業投資家です。

私の場合、株式の割安度を測る指標としてはわかりやすいPER(株価収益率)を用いています。

PERは「株式時価総額」(現在の株価×発行済み株式数)を「当期純利益」で割るか、「現在の株価」を「当期1株利益」で割ることで算出が可能です。

PERは数値(倍率)が低いほど割安になりますが、私はだいたいPER10~15倍で毎期2桁の増収増益が続く企業を割安銘柄として選定するようにしています。

PERの算出には、現在の株価と、今期や来期の1株利益を用いて判断しており、『会社四季報』の情報や企業のIR情報に掲載されている直近四半期の決算短信の数字をもとにPERを確認しています。

また、自分で計算しなくても、多くの証券会社のホームページで、今期業績見通しに対するPERが掲載されています。

もっとも、私はPERを判断軸に置いているものの、PER10~15倍ありきで購入判断しているわけではありません。

売上高が毎期20%伸びているような成長真っ盛りの企業であれば、PER15倍以上であっても、短期的に利益を減らしている企業であっても、株式を購入することがあります。

株式を購入する基準について、マニュアル運用のようなことを厳しくしすぎると、選択肢が狭まってしまい、かえって有望な銘柄が網にかからなくなります。

だからこそ、PERはあくまで目安として活用しているのです。