大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

小回りが効く個人投資家の強みとは?

株式投資で私が購入する銘柄は、「中小型株」が中心です。中小型株にこだわっているわけではなく、「割安成長株」を探してみると、結果として「中小型株」が多くなるのです。

すでにビジネス規模が大きく、市場から高く評価されている大企業の大型株は、割安ではないことが多いです。そのため、たとえ新規事業が成功を収めても、すでに規模が大きい全体の売上や利益に与えるインパクトは限られてしまうので、株価が大きく伸びる成長性でも見劣りしがちなのです。

定義はいろいろありますが、一般的には株式の「時価総額」をベースに、時価総額1000億円未満の銘柄が「小型株」、時価総額1000億円以上3000億円未満が「中型株」、時価総額3000億円以上を「大型株」といわれます。

小型株と中型株を合わせた中小型株は、日本の株式市場全体のおよそ90%を占めています。

大型株に比べると中小型株は、事業の成長が売上や利益へのインパクトが大きく、株価の伸びに直結しやすいという特徴があります。

中小型株が多く上場しているマザーズやJASDAQ(ジャスダック)などの新興市場、東京証券取引所市場第2部(東証2部)などには、生命保険会社や信託銀行などに代表される大手の「機関投資家」があまり参入しないため、株価指標的にも割安となります。

こうした結果として、私の投資対象は中小型株が多いのです。個人投資家は、大手の機関投資家と同じ土俵で同じ銘柄を買う必要はありません。

機関投資家の手が出せない新興市場で、東京証券取引所市場第1部(東証1部)昇格候補となる「割安成長株」を先回りして買えるのが、小回りが利く個人投資家の大きな強みなのです。