大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

初心者は余裕資金で
「10万円真剣勝負」

株式投資未経験の初心者は、ひとまず余裕資金10万円を別腹(別の財布)で用意しましょう。

いまは1銘柄を数万円から購入できるようになっています。

10万円を用意したら証券会社に口座を開いて入金します(私は現在、SBI証券をメインで利用しています)。

『10万円から始める! 割安成長株で2億円』45ページからの「Step2」で説明する内容をベースに、「この会社の株は伸びるんじゃないか!」という割安成長株を1銘柄選んで、10万円分買ってみましょう。

現金買付余力を残したいところですが、元手が10万円では少額すぎて難しいので、全額突っ込むのです。

初めは売買タイミングが上手くつかめないので、勝率5割でも損切りが利益確定を上回り、損益はマイナスのケースが多くなりがちです。

それでも少額で投資を始めておけば、心が折れる前にコツがつかめるでしょう。

たとえ10万円をすべて失ったとしても、サラリーマン投資家として毎月決まった給料が入ってくれば、また別腹の10万円を投資に振り分けられます。

緊張感を持って、「10万円真剣勝負」をするうちに、確実に経験値が上がります。

場数を踏み、売り買いのタイミングがつかめるようになると、損切りで損失した額よりも利益確定額が上回るようにコントロールできるようになり、保有資産がプラスに転じるようになります。

こうやって投資元本を100万円まで増やせたら、そこから「億り人」、その先の2億円への道が本格的に拓けるのです。