投資で損をせず、成功する秘訣はあるのだろうか?ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ氏が語る「お金の原則」を2回に分けてお届けする。(本記事は、『ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く』(朝日新聞出版)より一部を抜粋しています)

 投資の原則といっても、別に難しいことを述べるつもりはさらさらない。言われてみたら、当たり前で実に真っ当なことばかりだ。

ジム・ロジャーズ/1942年生まれ。米国アラバマ州出身の世界的投資家。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される。2020年9月に『ジム・ロジャーズ お金の新常識 コロナ恐慌を生き抜く』(朝日新聞出版)を発売。

 でも、人間という動物はとても不思議だ。そんな当たり前のことが、いざ自分の人生となると実践できなくなる。

 とりわけ、そんな現象がよく見られるのが投資の世界だ。きっと、お金が絡んでいるからだろう。

 まず私がいいたいのは、「他人の言うことを真に受けてはいけない」ということだ。私は、これまで誰かが勧めてきたことを実践するたびに必ず損をしてきた。

 別に他人と話すことから人は学べないと言っているのではない。耳を傾けることは大切なことだが、ただその言葉を漫然と信じ、そのまま受け入れることは慎んだほうがいいと思っている。

 仮に、テレビや新聞、インターネットなどで著名人が言ったことをまねて投資をしたとしよう。おそらくあなたは、たくさんのお金を失うことになる。決して誰の言うことも聞いてはならない。

 誰しも、1週間でお金持ちになりたいと思う。誰しも、簡単に儲けることのできる“とっておきの情報”、英語ではホット・ティップ(hot tip)と言っているが、それを欲しがる。しかし、それは投資の手法としては正しくない。