いよいよ2021年が始まった。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。12/18に日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

たった3分間で<br />Google 検索 が<br />劇的にうまくなる方法Photo: Adobe Stock

★質問
 どうすれば検索上手になれますか?

 職場で、“自分で調べられない人”のレッテルが張られてしまいそうで困ってます。

 いつも周りにすぐ聞いてしまうため、周りの時間を取ってしまい、質問するたびに嫌な顔をされています。どうしたらいいでしょう。検索しても、知りたいことが見つからないんです!

☆回答
 おすすめは「そのまま検索」「1年以内に期限指定」「画像・動画検索」

 そもそも「検索」の仕方って学校で習ったこと、ありませんよね。

 実は、こんなときは「検索 上手 方法」と頭に浮かんだ言葉をそのままキーワードに分解して入力してみると、欲しい情報が手に入ります。

 検索上手になるテク1つ目は、ズバリ「そのまま検索」です。

 たとえば、「スプレッドシート のこの線を消したいけれど、この線の名称がわからない」という場合は、「スプレッドシート 線 消したい」で検索。

 すると「グリッド線」と検索結果に表示されるはずです。

 Google の AI に話しかけるように、とにかくそのまま思いついた疑問を入力するのがコツ。

 そして、一度でピンとくるサイトが見つからなかったら、何度でも繰り返し、キーワードの組み合わせを変えて検索します。

 対話するように繰り返し検索すると、欲しい答えが高い精度で手に入るようになります。

 2つ目のテクは、最近の情報だけを検索結果に表示させる方法です。

 なぜ最近の情報だけを表示させる必要があるのでしょうか。

 たとえば、 Google アプリの操作方法を調べる場合、数年前の記事では、現在とはすっかり画面が変わってしまっていて、役に立たないことがあるからです。

「ふむふむ」と、ずっと読んでいって、「あれ?画面が違うぞ」と気づいて、そこから記事の投稿日を確認したら、5年も前のものだった、ということってありませんか。

 こんな無駄な時間をなくすためにも、最初から「1年以内に期限指定」で、検索結果を絞り込んでおきましょう

 設定方法は、検索結果が表示された“直後”に、キーワード入力欄の右下に表示される[ツール]をクリックします。続いて[期間指定なし]を[1年以内]に変更

 これで鮮度の高い新しい情報にすばやくアクセスできます。

 期間を指定して検索結果に表示させることもできます。

 例えば、著名人を検索する際に、「2014年~2016年までに、この人はどのような活躍をしていたのだろう」と気になる際には、検索結果を制限すると探し出す時間が一気に短くなりますよね。

 3つ目は、「動画」や「画像」で検索する方法です。

 これは、案外良質な情報が入手できます。

 方法は、検索キーワードを入力して検索結果が表示された“直後”に、キーワード入力欄の下に表示されている[動画]または[画像]を選択してください。

 たとえば、「画像検索 コツ」というキーワードを[動画]で検索すると、画像検索のコツをわかりやすく解説する動画がたくさん表示されます。

 また、[画像]で検索すると、画像検索のコツを1枚のイラストや図で表現した画像がたくさん表示されます。さらに、[ツール]をクリックすると、条件を絞り込んでの検索もできます。

 自分が本当に必要な情報をクラウドから、今この瞬間に入手して、スピーディに自力で問題解決ができるリモート強者を目指しましょう!

 あなたがまだ知らない Google のアプリを活用することで、もっと生産性を劇的向上させることが可能です。このたび拙著『Google式10Xリモート仕事術』に書きました。よろしければ、ぜひ使い倒していただけたらと思います。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。