たくさん服はあるのに、今日着る服がないのは、あなたが服を持ちすぎているからかも?
新しい服を買うのをやめて、手持ちの服だけで過ごしてみると、意外と定期的に買い続けなくてもおしゃれはできるということが分かってきます。NYで話題の必要最小限の、確実に着る服だけのワードローブのつくり方「プロジェクト333」を紹介した書籍『もう、服は買わない』が12月16日に発売。今回はその中から、新しい服を買っても満足できない理由の一つをご紹介します。

服がたくさんあるだけでイライラする

もう、服は買わない!<br />今すぐ手放すべき服5つphoto: Adobe Stock

高かったのにほとんど着ていない服、そもそも最初からサイズが合わなかった服に感じるうしろめたさ。何を着てもピンとこず、好きだったはずの服が床に散らばっている時のむなしさ。今日これを着て出かけたいと思える服がひとつもない時のイライラ……。こうした感情は、実は服とはなんの関係もないところから生じています。

服のことでイライラしたらちょっと気持ちを落ち着けて、イライラの本当の原因はどこにあるのか、考えてみてください。たとえばその日は悪い知らせを聞いて気落ちしていたのかもしれません。ただお腹がすいている、くたびれているのかもしれません。

それを自覚せず、わけもわからず新しい服を探し続けていては、お金も時間もムダになるだけです。それよりも、気分を滅入らせるアイテムを手放し、服を減らしましょう!

今すぐ、手放すべき服5つ

1 今の体型に合わない服
サイズの合わないものは、すべてクローゼットの外に出してください。ぴちぴち? ぶかぶか? たとえダイエットに奮闘していてすぐに体重を落とすつもりでも容赦してはいけません。今の自分、今の体型の自分を受け入れて、似合う服を着ましょう。今より太ったり痩せたりしたらその時にまた服を変えればいいのですから。

2 プレゼントされたのに、一度も着ていない服
プレゼントをもらったら、その心づかいに感謝を。それで十分。もう着ることはないと思ったら誰かに譲りましょう。そもそも、いい大人なんですからもう服を贈り合うのはやめませんか?

3 今の自分のライフスタイルに合わない服
以前のライフスタイルに合っていた服を、いつまでもとっていませんか? あるいは「こんなライフスタイルを送りたい」と憧れている生活にふさわしい服を買って、そのままにしていませんか? 今のライフスタイルに合う服を着ましょう。そうすれば日々の生活をもっと快適に、もっとしなやかに送れるようになります。

4 クリーニング代がかかって維持するのが大変な服
今手放さなければ、このあと何度も何度もクリーニング代を払うはめに陥ります。そんなに高くつく服を維持する義務はありません。もう、お役御免(やくごめん)です!

5 見るだけで、気分が下がる服
見るたびに、昔の悲しい出来事やつらい日々を思い出してしまう服、「こんな服が似合うほど私は素敵じゃない」と、つい思ってしまう服。そうしたアイテムは手放してください。すると、ネガティブな感情からも解放されます。

ものやショッピングで気分が上向くことはありません。自分の感覚に耳を澄ませば、あなたの身体が「ほら、ショッピングに出かけようよ!」とは主張していないことがわかるはず。本当は、「お願いだから、私の世話をして」と言っているのです。

心の叫びに耳を傾ける時間を持てば、今必要なのは近所のショッピングモールやお気に入りのオンラインショップでの買い物ではないことがわかるはずです。ですから一時の気晴らしに走るのはやめて、本当の意味で自分をいたわりましょう。「新しい服」を買うよりも、心から満足できるはずです。

『もう、服は買わない』他にも、服の減らし方や、必要最低限のワードローブのつくり方、無駄買いを防ぐ方法などたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。