服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男の服選びに対し、書籍『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。服選びの失敗を減らす思考法を提案する。

「買った後」で後悔しないために

家に帰ってきて、「なんでこの服買ったんだろう…」と後悔し、二度とその服は着なかった――。

そんな失敗は、誰でもしてしまうことでしょう。

今は、インターネットで気軽に服が買える時代です。一度はオンラインで服を買ったことがあるでしょう。しかし、実際に届いた服を着てみると、「なんかイメージと違うな…」と感じるはずです。

インターネットでの買い物は便利ですが、これは上級者向けの方法なのです。
服選びにおいて、どうしても手を抜いてほしくないポイントがあります。

それが、「試着」です。

試着では「サイズ感」だけを見る

私たちがまず揃えるべきなのは、ここまでの他の連載でも述べているように、ベーシックで着回しのしやすい服です。

そして、ベーシックな服こそ、体とのフィット感、つまり「サイズ感」が命です。
同じMサイズでも、お店によってサイズ感はぜんぜん異なります。私たちの体型は人それぞれ違うので、着たものがなんとなくしっくり来ないということはよくあります。

最初にちゃんと試着をしておくことで、その後、コーディネートに迷うことなく、毎日をラクに過ごせるのです。そして、試着で見るときのポイントは、「サイズが合っているかどうか」です。
サイズを間違えてしまうと、後で絶対に着なくなります
そのためにも、試着は手を抜かないようにしましょう。

「自分の体に合った服を買う」これは基本ですが、意外とできていない人が多いです。
同じようなシンプルな白シャツでも、できれば1つのお店で決めてしまうのではなく、複数のお店を回って、ベストだと感じたものを買うようにしましょう
たとえば、まずはユニクロで試着してみる。次にグローバルワーク、グリーンレーベル、そしてエディフィスで試してみる。このように少しずつ価格帯を上げながら試着をしてください

それぞれを比べてみた結果、「やっぱり高いものは違うな」と感じるかもしれません。一方で、価格ほどの違いは感じられないかもしれません。

ファッションが苦手なうちは、細かな違いにはなかなか気づけないものです。これは経験値が圧倒的に少ないことが原因です。
安い服と高い服の間には、デザインの繊細さ、生地の質感、作りの丁寧さ、服から漂う雰囲気など、プロの目から見ればちゃんと違いがあります。

さまざまなものを試着して、肌で感じることで、初めて「違い」に気づけるようになります。手当たり次第に服を買って、失敗の中から経験値を増やしていくのは効率的ではありません。
まずは試着を何度も繰り返しながら、ファッションの経験値を高めていきましょう。

試着したら「3分」我慢する

試着には素晴らしいメリットがあります。私たちはどうしても似たような服ばかりを買ってしまうものです。しかし、同じ習慣から脱しないと、いつまで経ってもダサいままです。そこで、「今まで着たことのない服」を積極的に取り入れる必要があります

バンドカラーシャツ(イラスト:須田浩介)

たとえば、右のようなバンドカラーシャツ。まだ着たことがないという人も多いはずです。きっとお店に並んでいても、視界にすら入らないかもしれません。
このようなものこそ、積極的に試着しましょう。
着た瞬間には、違和感を覚えるかもしれません。それでも時間が経つうちに、少しずつ目が慣れてくるはずです

私はこれを「3分間の法則」と呼んでいます。瞬間的に「これは似合わない」と判断せずに、まずは3分間我慢してみる。店員さんに、「ちょっと見慣れるまで着ていていいですか?」とひと言いえば問題ありません。

店員さんは「断られること」に慣れている

試着をする前から、「きっと似合わないはず……」と決めつけるのではなく、気軽な気持ちで試着してみてください。これを着たらどうなるんだろう。なんか見慣れないけどおもしろい。このような考え方のクセを付けると、服の守備範囲はどんどん広がっていきます

試着をした服は買わなくても、まったく問題ありません。
店員さんは断られることに慣れています。そこまで気を遣う必要はありません。最初のうちは断ること自体に慣れてみてください
「5回以上、試着をしてから1つ買うかどうか決める」くらいのペースでOKです。
イメージと違かったので今回は見送ります」「ちょっと考えてみます」など、最初に断り文句を決めておくとスムーズです。即決しないと事前に決めておくとちょうどよいでしょう。一度冷静になってからそれでも必要なら買うようにするのです。

間違っても、「試着したら買わないといけない」「似合うと勧められたから店員さんに悪い」と考えてしまわないことです。絶対に後で後悔します。

以上、服選びで後悔しないために、試着のコツをマスターしておきましょう。