写真:コーヒー
Photo:PIXTA

近年、国内で急速にシェアを伸ばしているデカフェコーヒー。コーヒー豆に含まれるカフェインを90%以上除去したデカフェは、これまで「妊娠中の女性が飲むもの」というイメージが強かった。しかし最近では、カフェインの過剰摂取を抑えようとデカフェを選択する男性が増えているという。カフェインレスコーヒーの専門ショップ『デカフェシア』に話を聞いた。(清談社 中村未来)

安全面に配慮した
日本のデカフェ

 スターバックスなどのコーヒーチェーン店、セブン-イレブンなどのコンビニ、さらには自動販売機でも、“デカフェ”“ノンカフェイン”の文字をよく見かけるようになった。デカフェ専門店も今、続々とオープンしている。

 市場の変化によって、日本ではここ数年の間で一気にデカフェが認知されたように感じるが、海外ではすでにスタンダードな選択肢としてデカフェが定着しているという。デカフェシア店長の山代尚子氏は言う。

「昨今の日本のデカフェブームは、海外からの流れです。たとえばアメリカでは、コーヒーショップに行くと、カフェインが入った普通のコーヒーとデカフェは半々くらいに置かれています。コーヒーの種類の一つという認識です」

 要するに、コーヒーを飲む際、カフェインを摂取するかしないかを、消費者が選べるようになっている。そうした選択肢がようやく日本にも入ってきたというわけだ。