先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「めんどくさい」と感じるほど、考えを広げられる

 寝ながら漫画を読んでいるときに、漫画から手を離してポテトチップスを取るのがめんどくさい。片手を離すと本が閉じ、その動きでバランスを崩して本が手から落ちてしまうときがあってイライラしますし、ポテトチップスをつかんだ油まみれの手を拭くのもめんどうです。

 そんなわたしのようなめんどくさがりの人は、生活の節々にある「めんどくささ」からアイディアを考えてみましょう。「めんどくさい」と思うことがあるほど、たくさんのアイディアにつなげられます。

 生活の中での「めんどくささ」に気づくには、「いつも後回しにしていること」を挙げていくといいです。

 シンクに溜まった洗い物だとか、トイレットペーパーがなくなったのにそのままにしていたり、買った本を読まずに積んでいたり。こういった後回しにしている行動を挙げ、「どうしたらめんどくさくなくなるだろう」と考えていくと、アイディアのきっかけがどんどん現れてきます。

【考えてみる】最近感じた「めんどくさいこと」を思い出してみよう。またそれを解決するためのアイディアを考えよう。

 先ほど挙げたように、わたしは漫画を読みながらポテチを食べるときにめんどくささを感じています。自分の手を使わずに、漫画を読んでいるときにポテチが自ら口の中に入ってくれれば、この問題は解決できそうです。

 そこで、モーターを使った「手を使わずにポテチが食べられるマシーン」を考えました(下図参照)

『手を使わずにポテチが食べられるマシーン』
口が開いたらセンサーが反応し、モーターが動いてポテチが落ちる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうして「めんどくさい」ことから考えるアプローチのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)