本書の要点

(1)多くの人の人生は思い通りにいかず、月並みなものになってしまう。その原因として、自分の限界を決めてしまう「バックミラー症候群」や、「物事のつながりを無視する」ことなどが挙げられる。
(2)サイレンス、アファメーション、イメージング、エクササイズ、リーディング、ライティングの6つの習慣を朝に60分かけて行うのが、著者流の「モーニングメソッド」である。
(3)ものごとを習慣化するには、30日間を3つの期間に分けて考えるのが効果的だ。最初の10日間は「耐え難い期間」、次は「不快な期間」、最後の10日間は「止まらなくなる期間」であることを意識しよう。

要約本文

◆朝を変えて、人生を変える
◇二度のどん底と人生の転機

 著者は人生のどん底を二度経験している。一度目は20歳のときに事故に遭ったことだ。飲酒運転のトラックと正面衝突して心肺停止。生死の境をさまよった。

 二度目は経済苦とうつだ。事故から生還してからは、仕事の調子もよく、ベストセラーも出した。だが、2007年に米国経済が破たんすると、収入は激減。40万ドル以上の負債を抱え、うつ状態に陥った。

 人生の転機は、友人からの「ストレスを感じたときは走るといい」というアドバイスによってもたらされる。もともと走るのが嫌いだった著者は、一度は拒んだものの、友人から「どっちの方が嫌いなんだ?走るのと、現状の人生と」と問われ、嫌々ながらも走ることを決める。

 ランニング中にオーディオブックに耳を傾けていると、それまでピンとこなかった言葉が突然すとんと理解できた。朝のジョギングという行為により心のスイッチが入り、そのような感覚が得られたのだ。この気づきを契機として、著者の人生は変わっていく。

◇人生はなぜ平凡化するのか

 自分の能力を最大限生かし、最高の人生を生きる。これはすべての人にとっての共通の願いであり、同時に人類史上最大の難関でもある。