空飛ぶタクシー開発、歴史が示す教訓とは
Photo:Gettyimages

――筆者のジェイソン・ツヴァイクはWSJパーソナル・ファイナンス担当コラムニスト

***

 1962年から63年にテレビで放映されたアニメシリーズ「宇宙家族ジェットソン(The Jetsons)」では、2062年の世界の人々が、垂直離陸できて時速2500マイル(約4000キロメートル)超のスピードが出る「エアロカー」で飛び回っていた。エアロカーは指で触れるだけでブリーフケースに姿を変える。

 2062年がわずか41年後に迫っている現在、シリコンバレーはエアロカーの最新版――電動垂直離着陸機(eVTOL)――に没頭している。ヘリコプターに似たこの乗り物は、空港や渋滞の激しい地域の混雑緩和に役立つかもしれない。