写真:シルエット,人物
写真はイメ―ジです Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、企業経営者などを狙い、怪しげな投資話を持ち掛けるケースが増えている。サージカルマスク、消毒液から電柱点検ビジネスまで、その商材はさまざまで注意が必要だ。(東京経済東京支社情報部 井出豪彦)

米3M社製マスクの転売で
大もうけできるという投資話

 都内で会社を経営するA氏は今年2月、「米3M社製のサージカルマスクを特別なルートで38億円分仕入れられる。さしあたり3Mに5%(1億9000万円)の手付金を払う必要があるが、それを出さないか」と誘われた。1億9000万円出せば、特別に3Mのマスクを原価に近い値段で入手できるため、医療業界への転売で大もうけできるのだという。

 具体的に話を聞くと、米3M製マスクの輸入窓口は都内のK社という高機能塗料の販売会社で、そこから同じく都内のR社という2019年1月設立のスタートアップが仕入れることになっているらしい。A氏は弁護士の用意する資金管理口座にデポジットとして1億9000万円預ければいいという。

 K社のホームページには確かに「近年は断熱塗料以外にも医療関係器具の輸入・販売を行って居ります。扱い製品としては、フェイスシールド&サージカルマスク(3M社製)やコロナウイルス対応消毒液等です」(ママ)とある。