シニア世代のストレスが少ない都道府県ランキング
シニア世代のストレスが少ない都道府県とは? Photo:PIXTA

 超高齢社会といわれる日本。総務省の統計によれば、2020年には65歳以上の高齢者の割合は、総人口に対して28.7%に上った。これからますますその割合は大きくなっていくと予測される中で、シニア世代が心身ともに健康な生活を送れる環境をいかにして実現するかは、課題の一つである。

 一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国の14万人(男女各7万人)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2019』を実施。その中で、「シニア世代のストレス」に関する詳細な調査を行っている。

 60代の人の中でストレスが少ない、「低ストレス者」の割合が大きいのは、どの都道府県だったのか。ランキング形式で紹介していこう。

※集計期間は2019年3月6日~18日。調査機関は株式会社メディプラス研究所。今回のランキングでは、調査の回答者のうち60代の男女3万人超を抽出し対象としている。また、厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自に加工して、点数化した上で、77点以上を高ストレス群、39点以下を低ストレス群と定義。60代における低ストレス者(39点以下)の割合を都道府県ごとに集計。ランキングを作成した。

「シニア世代のストレスが少ない」都道府県ランキング
1位は男性が徳島県、女性は鳥取県に

「シニア世代のストレスが少ない都道府県ランキング【男性版】」1位は徳島県で、60歳以上の対象者における低ストレス者の割合は24.1%だった。2位には青森県、3位には山梨県が続いた。

 また、「シニア世代のストレスが少ない都道府県ランキング【女性版】」の1位は鳥取県で同35.4%と、3分の1以上が低ストレス者という結果になった。2位には島根県がランクイン。3位は熊本県だった。

 それではさっそくランキングを見てみよう。