Photo by Masami Usui

西武グループ企業が雇用調整助成金を不適切に受給した疑いが浮上した。従業員に支払った休業手当を上回る金額を雇調金として受給した手口の全貌を明らかにする。(ダイヤモンド編集部副編集長 臼井真粧美)

支払った休業手当を上回る額を
雇調金で受給したと内部告発

 西武ホールディングス(HD)傘下の西武ハイヤーが雇用調整助成金(雇調金)を不適切に受給した疑いがあることがダイヤモンド編集部の取材で分かった。

 西武HDは西武鉄道やプリンスホテル、西武ライオンズなど80社超を傘下に持つ西武グループの持ち株会社。西武ハイヤーは西武グループにおいてハイヤー事業とタクシー事業を担っている。この西武ハイヤーで、従業員に支払った休業手当を上回る金額を雇調金として受給していた。

 雇調金は企業が従業員に支払う休業手当を国が補助するもので、コロナ禍に伴い特例措置を実施してこれまでに3兆円超もの巨額が支給されている。西武HDでは、2021年3月期第3四半期(連結・累計)に雇調金等受入額93億2500万円を計上しており、上場企業では4番目に雇調金受給額が多い(東京商工リサーチ集計データに基づく)。

 西武グループは雇調金に大いに助けられている。そんな中で不適切な受給が行われているとの内部告発があった。