「運がよくなりたい」「いい人に巡り合いたい」「幸せな人生を送りたい」、それらを実現したいなら、考え方を変えればいい。最強の運を持つ「歩くパワースポット」が伝える「運」の磨き方をまとめた『SHOCK EYEの強運思考』には、強運を引き寄せる39の思考法がある。
人生、何が起こるかわからない。うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。うまくいかない、ネガティブなイメージをもつことを良しとしない風潮があるが、果たしてどうでしょう。どっちに転んでも心を穏やかに保っていられる方法を本書より抜粋して紹介します。

どう転んでも「運がいい」と言える思考パターンに変える

湘南乃風 SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUNと共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)がある。

 人間はすぐに思考パターンを変えられないものだ。

 僕自身、どう転んだとしても、「自分は運がいい」と思えるような方法を実践してきた。それを紹介しよう。

 うまくいった場合だけでなく、うまくいかなかった場合のその後も細かい部分までイメージしてから行動する。たったこれだけだ。

 うまくいった場合は何の問題もない。その先にある望んだ未来に進んでいけばいい。

 うまくいかなかった場合は、「これも想定のうち」と考えて現実を受け止め、用意した2つ目のプラン通りに淡々と行動する。

 ちょっとくらいは「ツイてなかったな」と思うかもしれないけど後悔は引きずらない。

 僕はどちらかというと、うまくいかなかった場合のプランを重視する。そうすると、うまくいった場合には「やったね!」っていう喜びを強く感じられる。うまくいかなかったときも、ダメージは広がらないし安心していられる。心を穏やかに保っていられれば、マイナスからの出発にならずに済む。

 この思考法は、僕が湘南乃風でプロデビューを目指すときにも役立った。

 デビュー前に僕は、後に妻となる彼女からこう言われた。

「もし音楽で夢がかなわなかったら、2人でマンションの管理人になろう」

「それも悪くないな」と思えて、僕は気持ちを穏やかに保てた。どうせなら、海のそばのマンションの管理人になってサーフィンをしたり、大きな犬を飼ったりするなど、デビューできなかった場合を具体的にイメージできたことで、自分にとって大切な「音楽で食べていきたい!」という夢も、それまで以上に輪郭がくっきりしたものになった。

 ダメだったらマンションの管理人になるという選択肢があったおかげで、僕は「うまくいかなかったらどうしよう」とあわてずに済み、音楽活動に没頭できた。あの頃、仕事を増やして生活を支えてくれた妻に、心から感謝している。

 うまくいった場合とうまくいかなかった場合、2つの選択肢があれば、変にあせって判断を誤ることがない。悲観的になるリスクも下がるから「自分は運がいい」と信じて前に進んでいける。