「運がよくなりたい」「いい人に巡り合いたい」「幸せな人生を送りたい」、それらを実現したいなら、考え方を変えればいい。最強の運を持つ「歩くパワースポット」が伝える「運」の磨き方をまとめた『SHOCK EYEの強運思考』には、強運を引き寄せる39の思考法がある。
今、自分に何か起きたとする。それを幸運と思うのか、不運に思うのか、それはとらえ方次第だ。どういう心持ちだと、運が味方してくれるのか。運についてのとらえ方を本書より抜粋して紹介します。

運がいいのか不運なのかは自分で決めればいい

湘南乃風 SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUN と共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)がある。

 日頃の出来事とは別に、そもそも、「自分は幸運な人生なのか、それとも不幸な星の下に生まれたのか」

 そんなことが気になる人もいるだろう。幸運を引き寄せたいなら、運が味方することに期待したり、不幸を恐れて夢をあきらめたりしないほうがいい。

 何事も運でとらえていると、常に「幸運なのか不運なのか」と、天秤にかけて考えなければいけなくなる。僕は何が起きても、それが幸運なのか不運なのかの答え合わせはすぐにしない。

 何をもって「運がいい」とするかは、人によってまちまちだ。

 突き詰めて考えれば、この時代の日本に生を受けた時点で、僕たちはじゅうぶん運がいい。戦国時代だったら20~30年しか生きられなかったかもしれない。戦時中に生まれていたら、食べる物に困っていただろう。そう考えて幸運をかみしめれば、自分の現状を前向きにとらえられる。

 どんな状況でもポジティブにとらえて「運が向いてきている!」と思うのが、幸運を引き寄せるコツだ。

「歩くパワースポット」と呼ばれたことを、僕は「幸運な出来事」だと受け止めている。

 アーティストとしての僕に期待してくれている人からしたら、僕が音楽以外の活動に時間を割くのをついてないなと思う人もいるかもしれない。けれども、神社をめぐったり、人の背中を押したりすることにとてもやりがいを感じている。

 役目を与えられるのもある種の運だ。与えられた役目を軽く扱えば、心にモヤモヤしたものが残るけど、まっとうしていけば誇りが芽生え、自己肯定感が高まる。

 少年時代や音楽を始めた頃、たくさんのもどかしさを味わってきた僕は、承認欲求や負けん気をエネルギーに変えてきた。以前見た映画『鬼滅の刃』に登場する煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、父親に認められずとも一途に技を磨いてきた。その彼が命がけで、弱き者のために自分のすべてを出し切る姿にとても共感する。

 いま僕は、自分なりの解釈や成長の道筋を発信し続けながら、新鮮な気持ちで「歩くパワースポット」という「役目」と向き合っている。「いつもニコニコしていてハッピーな波動を漂わせる」という感じだけでなく、「自分を頼ってくれた相手に、ドーンとエネルギーや熱を入れる」、そんな存在になりたい。

 この毎日が嘘になってしまわないように、ちゃんとした人間でありたい。

 前に進み、しばらくたって振り返ったときに「これでよかった」と思えればいい。

 何が起きても「これは幸運なのか不運なのか」なんて、すぐに答え合わせはせず、僕は目の前で起きることを前向きにとらえている。

 心が弾む出会いが、何十年か先に「あのとき出会わなければ……」に変わることだってある。「あの出会いは幸運だった」にするために、僕は瞬間瞬間を大切にする。

 すべての瞬間を大事にしながら行動できれば、幸運は引き寄せられるのだから。