40歳を目前にして会社を辞め、一生懸命生きることをやめた韓国人著者のエッセイが、日韓で累計40万部のベストセラーとなっている。その本のタイトルは、『あやうく一生懸命生きるところだった』。2020年の「日本タイトルだけ大賞」で大賞を受賞したインパクトあるタイトルに加え、その内容にも「心が軽くなった」「読んで救われた」「人生のモヤモヤが晴れた」と共感・絶賛の声が相次いでいる。精神科医、心理カウンセラーなども絶賛しており、最近では「メンタル本大賞」にもノミネートされている。今年1月には、待望の続編『今日も言い訳しながら生きてます』も発売となった本書から、今回はやる気について触れた項目の一部を紹介していく。(こちらは2020年1月6日付け記事を再構成したものです)

強要されて絞り出すモチベーションは長続きしない

「自分の仕事にやる気が持てなくて、心配です」

 インターネットの悩み相談でよく見かける文句だが、よく考えてみてほしい。この悩みはちょっとおかしい。これはつまり、好きでもない人を目の前にして「私、どうしてあなたのことを愛せないのかしら?」と悩むようなものだ。

 どんなに努力したって、愛せない時点でその人は恋愛対象じゃない。

 仕事だって同じだと思う。やる気の根底には愛情がある。やりたくないなら当然やる気も起きない。やる気コンテンツに触れて、瞬間的に意欲が湧いても長続きはしない。それに、ムリにやる気を作り出すときは、たいてい自分以外の誰かが望む仕事であるケースがほとんどだ。

 やる気とは自ら作り出すものであり、誰かに強要されて作り出すものでは絶対にない。やる気は愛だ。その仕事を愛することからやる気は始まる。もちろん愛そうと努力した結果、好きになることもまれにあるが、あまりおすすめしたくはない。

 そもそも、やる気がなくたってかまわないだろう。やる気がなくても十分働ける。好きでやる仕事もある一方、ほとんどはお金を稼ぐためにある。労働の対価としてお金を受け取っているのだ。それなのに、やる気まで要求されるなんて、会社はちょっとほしがりすぎじゃないか。

 湧き出しもしないやる気をムリに作り出すこと自体がストレスだ。ないならないなりに、目の前の仕事をこなせばいい。そのうち好きになってくるかもしれないし、ほかにやる気を出せる仕事が見つかるかもしれない。そのときに、やる気を注ぎ込めばいい。

一生懸命生きることをやめた僕が「仕事にやる気がわかない人」に伝えたいこと

やる気はすり減る

 とはいえ、やる気とはいいものだ。自分のために使うならば。だから自分が何かに熱中しているときは、その気持ちは自分のためなのか、それとも他人のためなのかをよく考えてみる必要がある。

 知る限りでは、やる気とはそれほど頻繁に生まれるものでも、持続可能なものでもない。やる気はすり減る。だから、むやみに使うと本当に必要なときに使えなくなる。やる気を絞り出し、むやみに使ってはいけない理由はそこにある。

 いつかはやる気を注ぎたくなる仕事に出合えるはずだし、そのときのために自分のやる気を大切にしよう。やる気がないだの、あるだのという言葉には決して踊らされないように。自分のやる気は自分がコントロールしよう。

(本原稿は、ハ・ワン著、岡崎暢子訳『あやうく一生懸命生きるところだった』からの抜粋です)

好評連載記事

☆「死にたい」と思っていた書店員の私が、人生に病んでいた頃の自分に読ませたい一冊
☆大学受験で三浪して気付いた、執着することの怖さ
☆有安杏果が今伝えたい「立ち止まる勇気」