ひろゆきが見た「超アタマいい芸人」と「超つまらない芸人」ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

現在、テレビやYouTubeで圧倒的な人気を集める、時代の寵児・ひろゆき氏。
24万部の大ヒットになっている1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして、いかに彼が今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。

海外に通用する笑いとは?

――日本の「お笑い」ってフランスでも通用しそうですか?

ひろゆき氏:日本のお笑いは、基本的に日本人以外はあんまりウケないんですよね。なぜなら、「関係性」で笑わせているからです。

 多くのバラエティ番組は、芸能人のキャラが前提としてあったうえで、「あえて偉そうにする」「声を張ってスベったことを笑いにする」「ギャップを見せる」という関係性で笑いを取ることがほとんどです。あと、「スタッフをいじる」とかもそうですよね。

――たしかに、そういうシーンが多いかもしれません。

ひろゆき氏:たとえば、僕はキングコングの西野亮廣さんで笑ったこと一度もないんですよ。あの人って、たしか「芸人」ですよね?

 あるバラエティ番組で、西野さんがすごくイジられてウケている回も見たことがあるんですが、あれも西野さん本人の力ではなく「関係性」で笑われているだけで、西野さん単体で笑いはまったく取れていないわけです。つまり、超つまらない芸人ですよね。

 海外に通用する笑いっていうのは、「Mr.ビーン」のように、自分で設定やキャラを作って、1人で笑いを生み出せるようなパターンだけですよね。

「さすが」と思ったシステム

ひろゆき氏:西野さんみたいにつまらないけど優秀な人って、基本的に「つっこみ」に回るんですよね。頭の回転で「たとえつっこみ」とか「瞬発力」でロジカルに笑いを拾う。テクニックでなんとかなるんですよね。

 でも、「ボケ」を生み出すほうは、才能がないと厳しいです。だから、松本人志さんは頭の回転も速くて、しかも「ボケ」ができるので、かなりすごいと思いますよ。ボケの角度って、感覚というか才能でしかどうにもならない部分ですから。

――ちなみに、日本には海外に通用する笑いはないんですかね?

ひろゆき氏:松本人志さんの「ドキュメンタル」のように、笑ってはいけないことを我慢するシステムを作り出すのは、さすがだと思いますよ。オーストラリア版もありますよね。とはいえ、日本でも海外でも、結局は「下ネタ」に走るのがオチなんですが(笑)。

 あと、「すべらない話」というシステムも優秀ですよね。あれも、本当であれば、自分が発案者なんだから、演者は他の人に任せて自分は司会に徹するのが正しいんですが、自分の名前もサイコロに入れているじゃないですか。「人志松本のすべらない話」という番組名で、自分もすべらない話を披露するって、相当なハードルの高さで、かなり覚悟がないとできませんから。超リスク高いですよね。

――「すべらない話をする」ってやはり難しいですよね?

ひろゆき氏:なかなかできないですよね。たとえば、友達同士で話していても、オチのない話をする人がいるじゃないですか。しかも、そういう人に限って、「最近、めちゃくちゃおもしろい話があってさ!」と語りはじめて、そしてつまらない。

 すべらない話をエピソードだけ持っていてもダメで、おもしろく感じさせる「雰囲気」とか「文脈」とか「声のボリュームの調節」とか、さまざまな要素が絡み合って初めておもしろくなるわけで。

 それをたった1人で作り出せる人は、海外でも通用すると思いますよ。