茨城県が再び最下位に
IT・先端技術のイメージ活かせず

 点数の伸びでは、北海道の次に大きかったのが、4位の東京都だ。ブランド総合研究所の田中章雄社長は「本調査直後に開始となった東京オリンピック・パラリンピックの影響の可能性が大きい」と話す。

 次に点数の伸びが大かったのは千葉県で、順位も前年の21位から12位へと急上昇した。「とても魅力的」の回答が11.0%で前年の3.9%のおよそ3倍増となっている。特に20代では24.6%と多く、前年の6.3%のおよそ4倍に増えたのが特徴的だ。

 長崎県も前年の11位から8位へと上昇し、すべての年代で評価が高まっている。また、同じ九州地方の宮崎県は前年の22位から17位へとランクアップ。「とても魅力的」が9.4%で前年の4.4%から2倍以上に増えている。特に九州や中四国地方の居住者からの評価が目立っている。

 一方、下位に目を移すと、前年最下位の栃木県は41位(16.2点)となり、最下位から抜け出した。そしてワースト3位は、45位埼玉県(14.4点)、46位佐賀県(12.8点)、47位茨城県(11.6点)となり、茨城県は1年で最下位へと立ち戻る結果となった。

 ブランド総合研究所の田中章雄社長は、「コロナ禍の影響により、近場の観光地が見直されている一環で、栃木県の観光意欲度(本記事では紹介していない)も上昇しており全国順位では39位[h1]と過去最高となっている。ただし、上昇したといっても魅力度の41位や観光意欲度の39位というのは、栃木県の潜在力や地域資源を考えると、あまりにも低すぎる」と述べる。

 確かに栃木県は、日光や那須などの魅力のある観光スポットがたくさん存在する。「それらの観光スポットを『栃木県』と連想されていないのかもしれない。そうであれば、県内の観光地とうまく連携させて、『栃木県の観光資源』としてのPRを強化していくことが必要なのではないだろうか」(田中社長)。

 そして、前年の42位から再び最下位に転落してしまった茨城県については、「前年の調査では、前前年に行われた茨城国体で史上初めてとなるeスポーツを取り入れた。また、茨城県公式バーチャルYouTuberの茨ひよりが活躍するなど、『デジタル県』としてのイメージが高まったことで、20代など若い世代からの評価が急上昇し、大幅な順位上昇につながったといえる。

 ところが、今年は、コロナ禍の影響でオンライン化が全国に広がったことにより、こうした茨城県の強さが薄まってしまったのではないだろうか」と分析した上で、次のように続ける。

「ただ、筑波研究学園都市を擁し、『IT・先端技術の地域』のイメージは、全国5位と高い評価を得ている。それをうまく活用できればもっと評価が高まると思う。それから、茨城県は西日本からの認知度が低いなど、低評価が目立っている」

 コロナ禍収束後、再び人々が動き出すとき、各自治体は自らが持つ魅力を地域の発展と持続性向上にどう結び付けるのか、今後の取り組みが重要なポイントとなる。

(フリーライター 西嶋治美)

>>全47都道府県のランキング表掲載【完全版】を読む