沖縄,消滅しない都道府県
「消滅しない=持続度の高い」都道府県とは? Photo:PIXTA

 人口減少、少子高齢化が年々深刻さを増す日本の地方。地域を持続させるために、各地方自治体が経済面、福祉面などでさまざまな施策を行っているが、苦戦を強いられているところが少なくない。

 では、そうしたなかでも地域の持続性が高い、すなわち「消滅しない」力を持っている都道府県はどこなのか。

 ブランド総合研究所は今年6月に「都道府県版SDGs調査2020」を実施し、その中で、地域の持続性に関する4つの指標(幸福度、満足度、愛着度、定住意欲度)の平均値を都道府県の「持続度」として算出している。

 多くの住民が生活に不満があり、不幸だと思い、その地域への愛着もなく、住み続けたくないと思ったら、その地域は間違いなく消滅に向かうだろう。逆に、生活に満足し、幸せに感じ、その地域に愛着があり、住み続けたいと思う住民が多ければ、その地域は消滅することはないはずだ。そこで、これらの4つを消滅しないための指数「持続度」とした。

 今回はその持続度の高い都道府県から順にランキング化した、「消滅しない都道府県ランキング」を紹介していこう。

※調査を行ったのはブランド総合研究所。アンケートはインターネットにて実施。1万6000人から回答を得た(各都道府県から約350人)。調査期間は2020年6月12日~29日。昨年度の調査結果(順位)は、性別や世代などの属性で新たにウェイトバック集計を行ったため、昨年度発表の順位と異なる。

消滅しない都道府県ランキング
1位は沖縄県、2位は北海道に!

「消滅しない都道府県ランキング」1位は、昨年4位の沖縄県(持続度〈以下、同じ〉:75.5点)となった。満足度は47都道府県中1位、幸福度、愛着度、定住意欲度でも2位と、ランキングの基となった4つの指標全てで高い結果だった。

 2位は北海道(74.9点)で、昨年の1位から順位を1つ下げたが、愛着度と定住意欲度は1位、満足度は6位と上位だった。ただし、幸福度は32位と高くはない。

 3位は昨年9位の福岡県(74.0点)、4位は石川県(72.7点)、5位には幸福度で1位の宮崎県(71.7点)が続いた。